FC2ブログ
2016/04/04

クロと孤独な王様1

ousama2.png



「クロと孤独な王様」


クロは当てのない旅人です。
風の吹くまま気の向くまま、彼は旅を続けています。
ある日、クロが訪れた国は、色々な花が咲くとても美しい国でした。
クロが国の中を歩いていると、遠く森の奥にお城のようなものが見えました。

それが何なのか気になり、クロは近くにいた若者に尋ねてみることにしました。
「すいません。あそこに見えるものは何ですか?」
「あれは、城さ。昔この国の王様が住んでいたんだ。だが旅人さん、あの城には近づかない方がいい」
「何故ですか?」
「あの城には、とても恐ろしい化物が閉じ込められているからさ。」

その化物は、突然現れて王様や城の者を全て食い殺したらしい。
このままではこの国が滅ぼされると恐れた魔法使いが、城の周りを木で囲み化物を閉じ込めたのだと若者は話してくれました。
クロはその後も色々な人に尋ねてまわりましたが、皆は口々に「恐ろしい化物だ。」「きっと冷酷なんだ。」「鋭い牙と爪があるって聞いたわ。」などと想像の話ばかりで化物を本当に見た人はいないようでした。
そこでクロは、お城に行ってみることにしました。


スポンサーサイト
クロの棺桶・絵本