FC2ブログ
2016/02/02

コンセプトと登場人物紹介

 こちらのブログのほうでゲームの中で紹介できなかった話や、使った絵などを貼っていくということになります。需要があるかはわかりませんがどうぞよろしくお願いいたします。

「ゲームコンセプト」

 私はもともと文学小説が好きで沢山読んでいました。(沢山とか言っても好きなものしか読んでいないのでちょっとです)
本を読まない方にもあの繊細な世界を是非知ってもらいたい!と思い、実際に体験することで伝えてみればどうだろうと考えこのゲームを思いつきました。


「登場人物」

 まずはメインの二人から紹介していこうと思います。本の住人達はまた次の記事にまとめて書こうと思います。


kuroyagi1



「ヤギハ」

 一人称:私(わたし)左利き 身長:クロより低い 年齢:17歳

 高校二年生の少女。
毎日放課後に盈月図書館(えいげつとしょかん)に通いつめており、あらかた読みたい本は読んでしまいました。

それでも図書館はヤギハにとって居心地の良いところであるので今は小説の構想を練るために活用しています。

幼いころからもっぱら本を読んでいたため頭で考え事をすることが板についてしまいました。そのため物静かで知的です。

小説を書けるだけあって頭はよく成績も優秀。

高校は図書館に下校中によれるからと言う理由で選びました。

家からは遠かったため今は高校の近くのアパートで一人暮らしをしています。

素顔はとてもかわいいのですが眼鏡と三つあみでかなり地味になっています。

 瞳の色はヤナギハッカの花の色からもらってきていて、紫色をしています。



「クロ」

 一人称:私(わたし)右利き 身長:ヤギハより高い 年齢:18~19

 当てもなく旅をしている若者。
基本笑顔を顔に張り付かせており、表情から感情を読み取るのは難しいです。

落ち着いた性格で、言い回しが多く時々冗談も言います。

根は優しく言葉遣いは丁寧で、時折ヤギハを励ます様子がうかがえます。

ヤギハの趣味が悪いというが、人のことが言えないことに気づいていないところなど、少々ずれたところがあります。

幽霊のような目に見えない得体の知れないものが嫌いです。(頭で考えてもどうにもならないことだから)

顔は生みの親のヤギハの面影が残っています。が、隈のせいで若干目つきが悪くなっています。

クロは気にしていませんがこれもヤギハのセンスが生み出した結果なんじゃないかと後に思うことでしょう。

本編でクロが本を自分で選ばないのは本の内容がよくわからないからと言う理由と、本の世界へ行ってから内容を聞いてその時その時のスリルを味わっているからです。

 クロのコートは探偵を意識したデザインにしてあり、これは頭の回転が速いこと(推理も速い)を表現しています。

ループタイをすることで堅苦しすぎないデザインにまとめました。(ループタイはワンポイントも意識しています)

全体的に黒い服装でまとめることで品の良さを表現しており、同時にクロの名前とかけてあります。

瞳の色は青色で、クロの落ち着いた雰囲気を表しています。


スポンサーサイト
クロの棺桶