FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2017/02/13

サバエ



漫画のまとめの中でも紹介しましたが、ここでも紹介しておこうと思います。

nabi.png

サバエ(鯖江 昌彦)

アウトドア系。社交的です。

平成生まれの現代人。現在大学生。

料理をすることが好きで大学では食品栄養学科で勉強をしています。

そのため栄養関係についてはそこそこ詳しいです。

大学の肝試しで、何人かとお化けが出ると噂の防空壕に行くことになりました。

防空壕は狭く、一人ずつしか入ることができないためジャンケンで負けたサバエから行くことになりました。

最深部につくとそこには人間がうずくまっていて、サバエは本気でお化けかと思いました。

腰が抜けて逃げられないでいると、お化けが起き上がって何やらもごもご喋りだしたので、もしかしたら生きてる人間なのでは?と思い、とりあえず防空壕から出すことにしました。

肝試しのメンバーはサバエの悲鳴を聞いて逃げ帰ったらしく居なくなっていました。

警察に連れて行こうか病院に連れて行こうか迷ったが、手続きが面倒で仕方なかったサバエはその場に捨てていくわけにもいかないので、そのままお化け(仮)を連れて家(アパート)に帰ることにしました。

家に連れて帰ってきてわかったことはお化け(仮)が吸血鬼だという事。

もう拾ってきてしまったものは仕方ないこれも運命と諦め、一緒に住むことにしました。

今は元々前向きな性格なためそこまで深刻に考えないで過ごしています。

キリノに血の代わりに鉄分と銅のサプリメントを与えています。

時々大学の実習室でサプリメント以外で栄養を補給できるものを作れないか模索しているため、目撃した生徒に怯えられています。

最近では「血合い」というあだ名がつき始めました。

バイトをしており、よく帰りが遅くなります。

キリノと一緒に住みだしてからの不安要素は、いつ喰われてしまうではないかという事と、帰ってきた時家(アパート)が燃えているのではないかという事です。




 結構適当に生きているようなので、キリノが吸血鬼と知ってもその生態について深く考えていません。
ただ、一緒に生活しているうちに「はあ~吸血鬼ってそうなのね~」という感じで徐々に理解してきたようです。

 名前が鯖江なだけでお魚とは全く関係ありませんが、身の回りのものがいつの間にか魚デザインのもので囲まれているという呪われた性質を持っています。


 顔はいいですが喋りすぎてたかが知れますのでモテません。
友達はそこそこ居るみたいです。
独り言が多いので結構うるさいです。


スポンサーサイト
サバエとキリノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。